精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCで一世を風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【レペゼン地球のDJ社長】と ポール・ゴーギャン と ブルーノ・マーズ

先日、こんなツイートしました。

 

ああ、やっぱ、外国人には何言ってるか分かんないし、編集で間を抜いて、早口に輪をかけてあるから、そーゆーふーに聞こえちゃうわな…

 

とは、思います。

が、この話方、もしかして日本の漫才に似てる?

ラップみたいに、

ラップは狂気? - 精神分析のススメ

受け答えのリズムを大切にする漫才は、躁な芸風?

 

とか思ったりもして…

 

確かに、

「こいつ、聞いてるだけで(躁全開の患者を相手してるときみたいに)めっちゃ疲れるわ」

という医師の感想も(何せ、一日の激務をこなした後でしたから…)、

「うーむ。まあ、分かる。」

 

でも、この映像

www.youtube.com

 

に関して言うと(いつもはクレイジーでフザけてる彼には珍しく?)マジメな内容だし、ちゃんとスジも通ってるんですよね。

しかも、アドラー心理学セミナーか?って感じで…w*1

 

話し方はそーだけど…

躁状態の患者さんみたいに、言ってる内容がカオスじゃない。

 

となると、慢性的に躁なのか…

って、問題です(借金しまくったみたいだし、常に自分をギリギリまで酷使してるみたいだし、自己肥大感アルアルだし、性欲暴走してそうだし)。*2

 

というわけで、勘違いして頂くと困るので、一応これ、貼っておきますね。

誤使用によるダメージの責任は、一切負いません。

neofreudian.hatenablog.com

 

でも、この記事書いた後で、更に色んなクリップみて、思ったよ。私。(DJ社長が伝染った…)

DJ社長も

ベッドの下のモンスターと戦ってる

www.youtube.com

って。

 

 

医師が

「こいつ、躁ちゃうか…」

の後、続けて

「ま、絶対ゲイやろ」

って、宣われたんですよね。

 

(がっつり私の解釈ですが‥.)去勢願望の強いイマドキの日本のオトコの子達は、アメリカンにいわせると、80%は

「ゲイ(もしくはトランス)?」

と思われる

というのが私の印象なので、

 

「いえいえ、DJ社長に限ったことではありません。

日本の男性は男性性を自ら剥奪しておかないと

母性原理の日本社会ではサバイブできないのです。

云々…」

 

と、一応反駁しておいたのですが…

 

続けて観たクリップ

(もーリムられているので観られませんが…

題名だけでも十分、雰囲気が分かるのでそのままにしておきます)

【キス祭り!】101人とキスするまで帰れま10!(in 渋谷ハロウィン)『レペゼン地球』 - YouTube

で、ウケ狙いとはいえ、イキナリ男同士でディープキスしてて

 

www(も~笑うしかない)

医師の直感力に、恐れ入りました。

(医師は、もう既にお家に帰った後でした)

 

DJ社長、痛烈な自己不全感(不治の病持ち、ニンニク鼻=醜悪)をヒューモアや

野心という形で昇華した上での「レペゼン地球」という名前にも現れる

地球=自分

レペゼン=Represent(代表)する

という、自己肥大感、がっつり躁っぽいです。

 

が、そんな彼が「精神病」か、というと、それは又別問題です。

 

彼自身、おそらく

「自らを取り囲む『現実社会』との乖離に耐え難い軋轢」

を(とりあえず現時点では)感じていなさそうだからです。

 

「耐え難い軋轢」から目を背けるのではなく、現実的に「軋轢」を解消しようとするたゆまぬ努力を(今のところは)継続できているからです。

 

「愛されたい」

という根源的欲求を

「他人を楽しませる」

という手段をガッツリ現実的に(=他者の視点を考慮した上で)駆使して、

それなりに成功している

からです。

 

その事自体は

スゴイなぁー

と、感嘆するしかありません。

 

彼(とその周囲の人達)の、自己表現については…

うん。まあ…

面白くて、ついつい色々な動画、観てしまいましたが…

正直な所、プリミティブ(原初的)過ぎで…

こんなん観て喜んどる日本人、本当に大丈夫か?

ってなりました。

 

渋谷のハロウィンとか…

まあ、アメリカンも、イイ大人達がパレードとかパーティーとか派手にやったりもしますが、基本的には「お子様達が、お菓子貰えるお祭り」なんですよね。

 

それが、イイ年した若者が仮装して(=自分ではないモノになって)抑圧を取り払って、乱交(=キス101人)状態になるって、正に「自我の退行」です*3

 

「ウンコ食べたい」ネタも、肛門期固着ガッツリ*4で、あんたら、5歳児かい?って感じで…

 

DJ社長の、

「お母さんから『高校だけはちゃんとした所に行ってくれないかな』って言われて」

という部分、流石は日本人…って思います。

 

欧米人だと、たいてーはブルーノ・マーズ

www.youtube.com

Bruno Mars - The Lazy Song - 洋楽歌詞和訳サイト - (What's the Story)ヨーガク?

I might mess around, and get my college degree
I bet my old man will be so proud of me
But sorry pops, you'll just have to wait
Haha

気まぐれに 大学に入って 学位でも取ってみようかな

オヤジも、きっと喜ぶだろう

けど、ごめん、父ちゃん、もーちょっと待たなきゃだめみたい

ハハ

 

みたく

「父ちゃんに誇りに思ってもらう為に」お勉強頑張る。カネも儲ける。

ってなるんですよね。

 

(追記:https://www.youtube.com/watch?v=BzbxacRr5Gk

最近では

Hey Look Ma, I made it! 「ママ、ボク、やったよ!」みたいなんもアルみたいです)*5

まあ、日本人には「父親という葛藤を乗り越える」エディパス期が存在しないから

「ママ、僕、偉いでしょ?褒めてくれる?」

になるのでしょうが…

 

ママは(男=父親になりつつある)僕を受け入れてくれない

 

ので、

 

ヤリチン(=不誠実で汚いオトコ)になって、どんどんオンナを使い捨てることで(ママにだけは忠実な僕ちゃんとしての)自己価値を確認しようとするか

 

去勢願望(=オトコらしさを捨てる)をつのらせて、ママにすがりつくか

 

の2択しかなくなるのでしょう。

 

DJ社長が、この方のように

「仕事を辞めたいあなたへ」YouTubeで人気のDJ社長(レペゼン地球)の動画がすごい | さかめも

若者の心を(良くも悪くも)ワシ掴みにするのは

彼が、抑圧された日本人の「自由」への希求を(表層的に)満たしているのみならず

自分を慕う「子供達」には、惜しげなく自分の培ったノウハウを伝授し、

一緒に楽しむ父性的存在として君臨できるからなのでは…

とも、感じます。

 

「家」では父親不在の日本人にも、甲斐性のある「社長」がいてくれますからね。

 

まあ、DJ社長とレペゼン地球の若い衆が、ヤリチンで享楽的にやってられるのも、若いからでしょう。

 

ゴーギャンだって、

ポール・ゴーギャン - Wikipedia

脱サラして、夢を追ってアーティストになって、才能があって、死ぬ直前まで、美少女達とヤリチンし放題でしたが、大人(=父親)になりきれず、性病に苦しみ、阿片の過剰摂取(?)で孤独な死を遂げてますからね。

 

DJ社長さん、才能はあっても、日本人の充たされない「自由」への希求を反映することはできても、本当に自分が求めていたモノは何だったのか。

 

見つめ直さないと、ゴーギャンみたいにドラッグに溺れて孤独死してしまわないかと、ちょっと心配です。

 

DJ社長には、

是非とも日本の若者をグイグイ引っ張る大物になってもらいたい

という応援の気持ちと

武道館目指すなら、ちょっと、その子供じみたエンタメは早く卒業して。お願い。

欲望のカタマリでも超絶格好良い

www.youtube.com

【歌詞和訳】24K Magic / Bruno Mars : 歌詞和訳なら『ウタヤク』

ブルーノ・マーズみたいになってみて(ブルーノ・マーズも薬物過剰摂取で急死するかもしれんけど…)。

という切実な(私的)願いを込めて、書いてみました。

 

どーでも良いですが「レペゼン地球のDJ社長」って、語呂が

LL Cool J の Doin' it のサビの

あ れぺぜん クイーンズ し わず れーざう’ん ブルックリン

(I represent Queens, she was raised out in Brooklyn)

を彷彿とさせるんですけど。私だけですか?

www.youtube.com

 

DJ社長に一瞬ハマっていたのですが…

何だかYoutubeチャンネル、BANされたみたいで…

まあ、そらそーなるわな。

当然。

って感じだったのですが、更生して健全なチャンネルが登録者数

ガンガン増えて…他のユーチューバーとのコラボとかもしてて…

楽しそうなのは良いのですが…

最近、又、思いっきり悪いオトナに騙されてないかい?

って感じがするので書きました。

【レペゼン地球のDJ社長】 - 精神分析のススメ

 

彼の「クローゼットの中の骸骨」に、もそっと迫った記事はこちらです。

【レペゼン地球のDJ社長】と アラーキー - 精神分析のススメ

*1:アドラー先生が

「炎上したもん勝ち」みたいなことを

本当に言われるよーな方だったかどうかは…

私にも分かりかねますが…

*2:因みに、慢性的鬱な人達の為に、昔はDSMでも「抑うつ性性格障害」みたいなんがありましたが…

「躁性性格障害」って…ないんですよね…

躁状態の後には必ずガーンと落ちる鬱が来る

というのが鉄板なので

*3:「退行」自体はリオのカーニバル等「祭り」の機能でもあります。枠組み(=日常と非日常の境界)がしっかりしていれば、「悪い」ことでは決してありません。

*4:あ、アナルネタのクリップ観ましたが、DJ銀さん(もしかしたら記憶も自覚もないかもしれませんが)私個人の主観で、90%幼児性的虐待被害者です。身内か、イジメなのかは分かりませんが…DJ社長に誘われる前に、もう付いていく覚悟を決めて身辺整理してたコトとか…ガッツリ性的虐待を受けた境界例患者さん達の行動パターンです

*5:…この人(見た目だけ)在りし日のプリンスを彷彿とするのは私だけですか?