精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCで一世を風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【DJ社長】の傷:汚い大人は嘘をつく

先日のDJ社長の記事が

自分で読んでもあまりにもワケわかめ

なのでリベンジです(またかよ

 

私がDJ社長に心をくだくのは

端的に云うと

彼の姿に

「汚い大人」達(=親)

に騙されても殴られても蹴られても

それでも「愛」することを

やめない

「純粋無垢」な(アホともいう)

子供達の姿を重ねてしまうからです

 

このブログで私は散々「父の不在」について

語っておりますが

日本では「亭主元気で留守がいい」

という程

日本における「父」の理想のあり方とは…

「母」にしてみたら)

「元気で留守」

つまりは「病気」などで面倒をかけず

常に外で仕事してる→カネを儲けてくる

ということなのでしょう

 

「居る」父は「汚い」しウザい…

「不在な父」こそが理想というのは

クライン女史のおっぱい理論的に

解釈すると

「居ない乳(父)」=「善い乳(父)」(安息)

「居る乳(父)」=「悪い乳(父)」(恐怖)

という「迫害分裂立ち位置」(Paranoid Schizoid position)

でもありましょう

 

子育てが上手くいっていると、

チチ(乳=父)たるモノは

 

不全な自我に

安心感と生きる活力を与えるモノ

 

です

 

すなわち

「居る」チチ=「善い」チチ(充足)

「居ない」チチ=「悪い」チチ(悲哀)

という「鬱」立ち位置(Depressive position)

になるはずなのですが…

 

チチと子供の相性が悪く

子供がチチで腹を下したり*1

チチの存在が子供に不安感を与えたりすると

「居る」チチ=「悪い」チチ

となってしまいます

 

精神分析的発達理論では

「居る」ときも「居ない」ときも…

「善いチチ」を心に抱くことで

「安心」して「愛」することや「生産」することにヨロコビを見出す

十全な自我が獲得されます

 

「居る」ときも「居ない」ときも

悪いチチに苛まれていると

統合失調になってしまいます

 

十全な「自我」と「統合失調」な自我の間には

神経症」と「境界例」が入るのですが…

そっちに深入りしては戻ってこれなくなってしまうので

又の機会に致しましょう

 

「汚い」チチに話を戻しましょう

元ネタはレペゼンではないようですが…

この動画にも明らかなように

www.youtube.com

汚い大人達は

「当たり」のないくじを準備して

子供達を「期待」させておいて

カネを巻き上げ「裏切る」のです

 

その構図は政治家や

極々一部の私腹を肥やす

「国家」というシステム(=家族)のあり方にも

繋がります

 

動画のテキ屋の兄ちゃんの「嘘」も

政治家の「嘘」も

暴かれることで彼等の「犯罪」に

正義の鉄拳は下りません

 

そのことへの「怒り」を

「汚い大人」に直にぶつけることは

「子供達」には許されません

(殺されてしまいますからね…)

 

かくして…

「汚い」大人を「排除」できない子供達は

自分が「汚い大人」になるか

「大人になる」こと自体を「拒否」し

いつまでも「バカな子供」でいることを

選ばざるを得なくなります

 

「父」と同一化することを拒み

子供で居たいと言いながらも…

同い年のきゃりーみたいに「有名」になりたい!

と純粋な夢を追い求めて

突き進んだDJ社長…

「股をひらいて」

汚い大人の「愛」を受け入れることで

「愛する」ことと「生産すること」に

ヨロコビを見出す「健全な」大人になれるのでしょうか…

*1:クライン女史的には赤ちゃんの「自我」の不具合が

迫害妄想の根源です