精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCで一世を風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【逢仏殺仏】「強い」ということは…

強い自分って何だ…?私の昔語り。 - 死体を愛する小娘社長の日記

 

上の記事で、ももはなさんにご回答を頂いたので

思うトコロを書いてみます

 

ももはなさんも書かれておられますが、

「強い」定義に「正解」などありません。

 

私の見解は「自分は強い」と感じておられる

ももはなさんに対して

あたかも「本当はそーではない」と主張しているかのような

印象を与えてしまうかもしれませんが

ブログで知り得た「ももはなさん」という仮想人物に

これまた貴方の想像の産物である「私」が

全く身勝手な妄想を繰り広げているだけ。

とでも思ってお読み頂けたら幸いです。

 

とりあえず、使用上のご注意をお読み下さい

neofreudian.hatenablog.com

 

常々感じていたのですが…

醜悪で極悪非道な同業者をやっつける

漢で「強い」ももはなさんのイメージが…

上記の記事で出てくる「パパ」とか

「ネズミ」もとい「オオトカゲ」とか

この記事の

キレるという事を理解した瞬間 - 死体を愛する小娘社長の日記

ノロイ」とか…

 

ウケを狙っている…?

のか、はたまた

恐怖や、忌避感を喚起しようとしている…?

のか…

可愛さをアッピールしているのか…

うーん、微妙すぎで、ドキドキします…

 

ももはなさんが、疑いの余地もなく「自分」を

「正義の味方」

であるかのように描いていたら

私はきっと …

彼女に心動かされることはなく

そっとブラウザを閉じていたことでしょう…

 

猛女ではあるが、女傑ではない

という言葉には…

 

愛する母との同一化に葛藤を抱え

猛毒を吐き「強い」ながらも

自らを快く「傑」とは言い切れない

ももはなさんの不全感が伺えます

 

という印象から、つけたコメントだったのですが…

 

御回答、及び続記事

オオトカゲの女王様は、棺桶の中で昼寝する - 死体を愛する小娘社長の日記

からもその印象は強まるばかりでした。

 

ももはなさんに限らず

人は皆「自分」という存在に

不可避な「欲望」と

それに伴う「破壊性」が故に

葛藤を抱く

というのが精神分析の鉄板で御座います。

 

エディプスコンプレックスの元ネタである

ギリシャ神話でも

ゼウスは父のクロノスを殺し

クロノスは父のウーラノスの性器を切り取って追放した…

クロノス - Wikipedia

という…

まあ…

なんと申しましょうか…

壮絶な父殺しのドラマが

あっちでもこっちでも繰り広げられております

 

新しいモノを生み出し

真の創造性の発露を可能にする為には

「父」という既存の権威を排除しなければならない

 

旧き良きモノを失う恐れから…

「父」は時に「息子」を殺し

殺意に晒されながらも生きながらえた「子」は

「親」を殺し、血みどろの手で

新しい王国を建国します

 

創造という過程には

時に

悲劇的で

暴力的で

壊滅的なダメージを伴います

 

ということで…

 

かの岡本太郎氏のおかげで

最近流行りなのでしょうか…

自由なネコさんも書かれておられますが

臨済禅師は言った。逢仏殺仏(ブッダに会ったらブッダを殺せ)と。+追記 - 自由ネコ

ももはなさんの語られる「逢仏殺仏」には

ギリシャ神話の「親殺し」の「象徴」に通じるモノがあると感じます

 

「逢仏殺仏」は既存のシガラミからの開放を以て

「解脱」を説きますが…

 

ももはなさんの「逢仏殺仏」は

「しかして何の感情も抱かず無字の境地」

で締めくくられています

 

仏を殺しても

父母を殺しても何の感情も抱かない

… 

ももはなさんの「解脱」の比喩は限りなく

凄絶な戦場から生還した兵士の「トラウマ」に近いモノがあるように

私には思われます

 

「安心感」を得るために殺戮の高揚感を繰り返さざるを得ない

自らの「毒」を痛切に把握するももはなさんが

自社の部下たちを養い育てる為に取った選択肢が

「白米と味噌になる」

というのは彼女がたゆまず御自身の葛藤を見据え

克服する努力を続けられた所以の「真実」であり、

「自信に裏付けされた強さ」でもあると感じます

 

私がももはなさんに初めて出会ってダダ泣きした(今読んでも泣ける…ヤバい)この記事で書かれておられるように

however-down.hatenablog.com

 

「汚い」死体を「キレイ」にすることで

醜悪で忌避される「死」をも

美しい追憶の要と成し得る

慈愛あふれる「私の」ももはなさんが

自らの「毒」をも「薬」とし

「女傑」な自分を輝かしく受け入れられている

と(私が)感じられるには

やはり、破壊性を制御し、

悲劇的な壊滅を回避する「可能性」を生み出す

「理想の父」なるモノへの葛藤についても

是非とも語って頂きたい

 

というトコロで…

まあ…

「本当」には知りもしない「ももはなさん」について

勝手に色々決めつけるようなことを書いてしまいましたが

… 

こんなに色々、精神分析の現場では分析家は言いません*1

とだけ付け加えて本日のトコロは終了させて頂きます

*1:取り敢えず、被分析家に徹底的に話して頂きます。

「猛女」について。

「女傑」について。

「パパの生き様」について。

頭目(ファザー)〜!!!」について。

ノロイ」について。

「逢仏殺仏」について。

そして…「生む!」と言った母と、

困惑顔の父について。

何でもかんでも洗いざらい吐露(=自由連想)して頂きます。

そして…

「解釈」は常に被分析家の口から

ポロっと出る時が一番「効き目」がある。

というのが私の印象です。