精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCで一世を風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【マザー!】観ました…

しばらく前になりますが

【マザー!】みたことも無い映画のススメ - 精神分析のススメ

観てもいない映画をオススメしてみました

(無責任…)。

 

今更ですが…

観ました。

ので、感想を書いてみます。

 

見どころは何と言っても

詩人(神様)のハビエル・バルデム

監督の恋人だった母(なる大地)役のジェニファー・ローレンス

そして(アダムとイブの)

エド・ハリスミシェル・ファイファー

迫真の演技だったと思います。

 

映像も象徴満載で大変興味深いです…

 

が…全体的には

「んー…微妙…」

でしたね

 

ダロノフスキー監督と言えば

統合失調症の「パイ」

薬物依存の「レクイエム・フォー・ドリーム

強迫観念→統合失調?な「ブラック・スワン

からの流れで

「元々ちょっとアブない人が

徐々に精神のバランスを失う過程を

緻密に耽美に描く」

のかと期待していたら

あれ?

ってちょっと拍子抜けました…

 

マザー!」は私が期待していた

自己愛性人格障害の描写というよりは

聖書を下敷きにした寓話色が濃くて

お話の意図を理解したり

楽しもうとすると

聖書を「読解」しようとするくらい

頭がウニになります

 

寓話的な作品というと

ピーター・グリーナウェイ

英国式庭園殺人事件 - Wikipediaとか、

セルゲイ・パラジャーノフ - Wikipediaの「ざくろの色」とか

ヴェラ・ヒティロヴァのひなぎく (映画) - Wikipedia

等はお話ワケわかめでも

映像が私の好みにハマるので

是非とも映画館で観たい!

となるのですが…

 

マザー!」は…まあ…

こだわって作ったのはスゴく伝わってきて

好きな人は好き

かな?くらいで、

映像美を堪能するために

2000+円払ってまで劇場で観たい!

って感じではなかったので、

日本では劇場公開しなかったのも

まあ…分かる

 

聖書と、西欧思想にがっつり食い込む「原罪」

に親しみのない日本人としては

絶賛、理解不可能

になるに違いない

と思いました

 

聖書に馴染みある欧米人にも

キツイ内容ですからね…

 

ざっくり言うと

全知全能の神は

アダムとイブがエデンの園を追われた様に

人間が罪を犯すことを

止もしないし

寧ろ容認するくせにキビシク罰する

ワケ分からんヤツ

という聖書の解釈を

環境汚染、資源の枯渇、血みどろの紛争に

罪悪感を抱きながらも

地球という生活圏を追われるべく

目の前の快楽、欲望に抗えない

現代人の姿に

重ね合わせている

ということで

そんなウザい(=見たくもない)「真実」を

カネ払ってまで誰も観たくはないだろうなー

というのが、私の率直な感想です

 

それにしても

しつこく言いますが

アロノフスキー監督「狂気」を描くのが

めちゃ上手いと思います。

 

マザー!」と一緒に

ブラック・スワン」も借りて観たのですが

強迫神経症(→境界例?)→統合失調

へと「悪化」する過程の描写が

「ピアニスト」とか、「ビューティフルマインド」より

(私にとっては)断然、説得力ありましたねー。