精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCを風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【インサイドヘッド】感情のパラダイムシフト

しばらく書こうと思っていて放置していたネタです。

 

かなり昔の映画ですが…

 

感情、脳神経学、児童発達に関する最新の情報を考慮して作られた

ピクサーインサイドヘッド。

 

www.youtube.com

 

 

登場人物のインサイドヘッド(頭の中)が

専門知識を踏まえた描写になっていて

うーん、ヤルなーと思ったのですが

心理学、精神医学、文化人類学、脳神経学、ナドナドの

欧米哲学を土台とする「感情の存在意義」の大前提が

はたして一般民間人や、

文化を超えて伝わるのかな〜

とも思いながら観ていたですが、

やはり…

日本語のまとめサイトをちら見してみましたが

イマイチ分かって貰えていないようなので

書いてみます。

 

日本人的には 「感情」といえば「喜怒哀楽」と、4つだと思うのですが

(「違うやろ!」って人、いたら是非ともコメントお願い致します)

英語では5つの基本的感情(ベーシック・エモーション)

というのが定番です。*1

 

これが、インサイドヘッドの

「ヨロコビ」

「カナシミ」

イカリ」

「ムカムカ」(嫌悪)

「ビビリ」(恐怖)

として描かれているのですが…

 

私のざっくりとした印象では

少なくとも「心理学」では、従来

 

「感情」= 動物的「本能」の表現

 

即ち、

生存確率を高める利益在るもの→快→接近

生存確率を低下させる不利益なモノ→不快→回避 又は 戦闘

 

させることで、個人の「生存」確立を高めるモノ

としての存在意義を確立していました

 

「怒り」(Anger)は自分に害をなすモノを排除するために(戦闘

「嫌悪」(Disgust)は毒物を回避するために

「恐怖」(Fear)は危険を回避するために

「喜び」(Joy)は生き延びるために必要なモノを得るために(接近

 

と、まあ、分かり易い「機能」が与えられているのですが…

 

ミルクをこぼしたくらいで泣くんじゃーねーぞ

(Don't cry over spilled milk)*2

ということわざからも汲み取れる

「いつも笑顔でいたい」

絶賛ポジティブなアメリカンにしてみたら

 

「生き延びるために何の役にも立ってない

『悲しみ』の「機能』って、一体何なのよ?!」

 

って気持ちになるんでしょうね…

 

もののあはれ

とか言って、喪失に美を見出す日本人とは

相容れない

ヤツラの合理主義的(プラグマティック)な哲学では、

いつまでもメソメソしてると

 

「悲しみ」=「メランコリー」=「鬱」

 

ってな風にあっという間に

「悲しみ」=「病」

になってしまうワケです

 

日本語サイトみてたら、

やっぱり、

「悲しみがあるからこそ喜びが光り輝く…」

みたいなコトになってて…

 

まあ…

 

それはそれで日本人の心に響く「解釈」なので

良いのですが…

 

私的には

インサイドヘッドの「ヨロコビ」が見出した

「カナシミ」の存在意義には

アメリカ心理学における

『感情』の存在意義のパラダイムシフト

が反映されてるやんか!」

と、何回観ても

「ヤってくれるな…ピクサー…」

と感銘を受けるわけです。

 

心理ヲタク路線まっしぐらです。

 

哲学の影響が色濃い心理学も、

文化人類学(猿の行動)や

遺伝子学等(種の保存)の影響で

 

感情=個の保存

から

感情=個体間のコミュニケーション=種の保存

 

へとシフトしてきたってことですね。

 

イカリ」や「恐怖」や「嫌悪」が

危険回避や外敵の排除を

フループに伝達、警告する手段であると同時に、

「喜び」や「悲しみ」を含む「感情」には

「共感」を通じて

他者との繋がりや

グループの団結を深める役割があるんやで。

と。

 

「悲しみ」の存在意義が

他者の「同情」や「支援」を誘発する

ということであれば、

鬱の時には友人や家族の理解が必要なのは

そりゃ当然なワケです。

 

と、言うわけでそろそろ1,500字を超えたし

読者も離脱してるだろうし…

 

私の「考えの列車」*3も減速気味なので…

もー寝ます

お休みなさい

*1:たまに「驚き」が入ったり、異文化比較では「愛」が加わったりもしますが…

*2:おっぱい=母 をなくしたくらいで泣くな

ってコトやろ、と私は密かに思ってます

*3:これも、日本語では分かりませんが、

Train of thought 「思考の繋がり」とか「脈絡」

という慣用句で、言葉遊び大好きな私的には

たまらんワケですわ