精神分析のススメ

海外在住メンヘル専門家。ヒップな精神分析をめざしております。

トラウマ

について、フロイトの「快楽原理の彼岸」という論文があります。

 

フロイトが、「タナトス」という

「リビドー」に相対する衝動を初めて打ち出した論文なのですが…

当地のメンヘル業界内では、

「臨床に生かせない」

「ザル(お野菜なんか洗う時に使うやつです)な論理や」*1

と、めっちゃ評判が悪いこの論文

私は大好きなのですが

それについて書こうとしたら

もう、さっぱり訳わかめになりました。

 

ので、あきらめて。

 

元々上野さんの良記事に触発されたので、

「トラウマが消えなくて困っている。」

という問題に集中してみようと思います。

ueno.link

 

まず、トラウマというのは、消えない傷だからトラウマなのです。

 

車をお持ちの方ならご存知でしょうが

一度事故や盗難にあうと、保険金が上がります。

交通違反とかなら分かるけど、不可抗力(「悪い」相手がいると保険金は相手が払うので、話は別ですが)なのに理不尽です。

が、事故や、盗難に一回遭うと、同じ様なことが起こる確立が(無事故な人に比べると)上がるそうです。

不注意だから。

という理由付けをするのかもしれません

が、私は、「トラウマ」の理論だと思っております。

不運に遭った人は、それを

「克服できた(=傷が癒えた)」

という実感がない限り…

その記憶を

「完結」した物語として「オサメる」ことが出来ない限りは、

同じく「理不尽」な不運を惧(おそ)れ、

繰り返すことになるからである

と理解しております。

 

では、その「克服できた」という実感が如何に得られるのか。

「繰り返そうとする衝動」を、どうしたら解消できるか。

ということを様々な心理療法精神分析や、トラウマ専門の治療では試みるのです。

 

ということで…

下手に素人が名前なんか付けてしまうと

にっちもさっちも行かなくなってしまう

という上野さんのご意見、全くもって、御尤もで御座います。

 

以下、精神分析的トラウマ対処をざっくり説明させて頂きます。

如何にトラウマを克服し得るか、に焦点を当てているので、楽観的です。

 

トラウマ その2.も併せてお読み下さい。

 

とある分析家が講義で、

PTSD(トラウマ後のストレス障害)の原因となった

『現実』の出来事以前には

必ず個人的な妄想や、幻想があったはず。

その幻想こそが一時的要因で

『現実』の出来事はPTSDのきっかけにすぎない」

というよーなことを言っていました。

 

「成る程ー」

とは思ったものの、彼女の言わんとするところが本当に

「分かった!」

と感じるまで、実はかなり時間が掛かりました。

 

例えば…

「死ぬのが怖い」

と思って戦場に臨んだ兵士が砲撃にあって生き残る

すると、それがトラウマになります。

 

「撃たれても生き残った」

という現実を陵駕する

「撃たれたら死ぬ」

という妄想や、幻想がそれ以前に強くあったがため、

「撃たれたのに生き残った」

という現実が入り込む余地がない

ということなのかな…

と、(もしかしたら全く異なる意図での発言だったのかもしれませんが)かなり後になって実感しました。

 

故に、「撃たれたら死ぬ」恐怖を繰り返す。

 

「生き残った」実感が得られず、

「撃たれる(攻撃される)のが怖い」

又は、

「自分はあの時死ぬべきだった」

という気持ちに固執してしまう。

 

その無意識的(又は意識的)「繰り返しの衝動」が

トラウマを形成するのです。

 

「死ぬのが怖い」

なんて、全ての人が抱くものだ。

といわれるかもしれません。

が、個人的に抱く「死の恐怖幻想」は、様々です。

 

個々人の持って生まれた性質に加えて、

生後間もない幼児期の体験によって色づけ、形付けがなされるものだからです。

 

トラウマと言う言葉が、元々は、帰還兵の生死に関わる恐怖体験を意味するものだったにも関わらず、対人関係のトラウマにも当てはめられるようになったのには、精神分析の理論に因る所でありましょう。

 

というのも…

精神分析では、幼児期の

「おっぱいが口の中にない!」

という体験を、

「どうしよう!死んじゃうー!」(絶望)

とか、

「生きてられへんやんか!どうにかせー!」(憤怒)

という、生死に関わる幻想の根源としているからです。

 

余談ですが、子供を見ていると時々、

「なんでこんなくだらないこと(ぬいぐるみがふとんからおっこったとか、擦りむいてちょっと血が滲んだとか)で生きるか死ぬかみたいな迫力で怒ったり、怖がったりするんだろう?」

って、思うことありませんか?

オトナにとっては、些細なことでも

子供達にとっては生死に関わる一大事なのです。

その「生死に関わる一大事」を

ちゃんと乗り越えられると信じ

その「一大事」が

「本当に大変なことだったよね」

と「共感」してくれる

「誰か」が居てくれると、

私たちは後の「一大事」にも

「絶対大丈夫!」

という自信を持って対応できます。

 

トラウマの種類にもよりますが

オトナになってもトラウマ的に苦しい状況を繰り返される皆様には

イキナリ精神分析はオススメできません。

 

「認知行動アプローチ(DBTがオススメです)で、

トラウマ対処法を身につけた上で

興味がおありでしたら是非とも精神分析をお試しください。」

と言いたいところです。

 

古き良きフロイト教授の時代とは異なり、

「無意識の衝動」を、意識化するだけでは

「衝動」に打ち勝つことは難しいことが

明らかにされてしまいましたからね。

 

「トラウマに精神分析は効かない」

という攻撃は横においといても、

いきなり自由連想法でトラウマ眩想にアタックしていくのは

大きな危険を伴います。

 

自身の不安や恐怖の根源にある幻想に立ち向かおうとすると

じっとしていられないくらい、掻き立てられ、

信じられない程に、強烈な感情が湧き上ってきたりして、

どうしようもなくなってしまうことも、ままあります。

 

まずは、それを

「一緒に乗り越えてくれる」

という信頼感を抱ける相手(治療者に限ったことではありませんが)をじっくりお探しください。

 

又は、そのような信頼関係を作り出そうと試みることです。

その過程そのものが、トラウマ解消への第一歩になり得ます。

 

それから、次にトラウマ的出来事に遭遇なされた時には、

ここがチャンス、正念場

と心構え、「克服感」を抱くためには、

トラウマという「繰り返しの衝動」から抜け出す為には

ご自身がどの様に振舞えばよいのか…

どの様な「結末」をトラウマという「終わりのない幻想」に

与えなければならないのかを

じっくりお考えになっては如何でしょうか。

 

そして、誰かに

「トラウマに苦しんでいるの」

と告白されたら、

「そんな辛いことがあったんだ、大変だったね」

だけでなく、

「どうやって乗り越えて生きてきたの?」

「どこからそんな強さが出たの?」

と、彼等が「繰り返しの衝動」を乗り越えるべく、

「克服の幻想」の可能性をより大きく膨らませる過程に

寄添ってみては如何でしょうか。

 

トラウマは、消すことはできませんが、癒すことはできるのです。

neofreudian.hatenablog.com

*1:しっかし、そんなん言い始めたら、彼の理論全部ザルちゃうか?

と、正直なところ、私は思ってしまうのですが