精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCを風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【性依存症】 カエデさん その3.不安と性欲の混同

前回も書きましたが、

neofreudian.hatenablog.com

自慰力とは、自分を不快感から解放する能力、例えば 

嫌なことがあっても気分を紛らわせたり、切り替えることができる能力のことです。

 

マスターベーションで、行き場のない性的欲望を解消するというのは、

「不快感」 に苛まれる自分を慰める手段の一つであると言えます。

 

不安や、ストレスによる不快感を解消する為に 性的快感を。

というのは、発達した脳を持った 成人に当てはめてると ちょっと単純すぎます。が、幼い子供には ちょっとした挫折、不安、退屈等が 耐え難く 永遠に続く様に感じられたり それこそ「押しつぶされて」しまう程に強烈に感じられたりして、性的刺激を求める傾向を持つことが ままあります。

 

子供を診ていると、生後間もない(厳密なデータはありませんが、私の感触では3-6ヶ月程の)赤ちゃんでも、股間をむぎゅむぎゅしたり、お尻をもじもじさせたりして、

おや?これは、もしかしたら性器を擦って刺激してる?という動作をする子が少なくありません。

 

保育所などでのお昼寝時間に寝られないと、股間を毛布などに擦り付ける子供が大体1クラスに2-3人はいる、という話を聞いたこともあります。

 

私の個人的な勘ですが、爪をかんだり、びんぼうゆすりしたりするのと、同じくらいの割合で性器刺激をする子供さんがいるのでは、と思っています。こういった行動を示す子供たちは 表立って怖がりさんでなくても 不安が強いことが多く、安心できる状態を保つ自信をつけてあげられないと、将来 不安神経症に 悩まされる可能性が高い という印象があります。

 

例えば、3歳の男の子で、友達(特に女の子)にからかわれて 怒ると服を脱いでしまったり、脳損傷のある18歳の女性が、思うように物事がいかないと、股間に手を入れてマスターベーションをしたり、と、性衝動と見うけられる行為が 怒りや、挫折、退屈、といった所謂「不快」な感情の表現と混合してしまうことは 少なくありません。

 

思春期前の 未分化な脳を持つ 子供や、事故等で 脳を損傷した患者さんの 股間を刺激する行為が、第2次性徴を通過した 大人のマスターベーションと 同じ意味合いを持っているとは 言えないかもしれません。

が、例えば 神戸連続殺傷事件の少年の様な 極端な攻撃性と 性欲の混同の 対極に、愛情と性欲の幸せな一致が 存在するのではないか、と私には思えるのです。

 

言い換えれば、愛情と性欲の一致は、実は 当たり前の物として 享受出来ない程、幸運な出来事なのではないか、と思ったりするのです。

 

menhera.jp

カエデさんは、「ストレス負荷がかかると気が狂うほどの性欲に押しつぶされていました。」とおっしゃっています。

 (今気づいたのですが、てんとう虫さんが交尾してる写真ですね。)(笑)

私には、幼い頃から 「泣いているんだよ! 早く抱っこ!あやしてよー!」 という要求を受け入れられなかった、

と同時に(又は)、不安が強く、抱っこしてあやしてもらっても泣き止むことができず、股間刺激で 感情の昂揚を 治めようとする 子供さんを 思い起こさせられる 記述です。

 

カエデさんには 不幸なことに さらに、そのことで罪悪感、自分が悪いことをした、汚いことをした、拒絶された、と感じさせられたことが あったのではないかと思います。

 

D.W.ウィニコットという 英国対象関係論派の精神分析家は、欲動(リビドー)の一番最初の対象物である 母なる者 による 「抱きしめる機能」 の重要性を 説きました。

 

ブログ7日目にして 初めて出てくる 精神分析理論。精神分析のススメ って何なの? と思って読んでくださった方には 前置き長すぎ(っていうか、ハズレ記事 多すぎ?)ですね。(苦笑)

 

お乳が欲しくて 泣き叫ぶ乳幼児は、自分が壊れてしまう 恐怖と絶望感を 抱きます。

この根源的な不安を 乳児が 克服するには、お母さんに しっかり抱きしめられて、授乳される経験を 繰り返すことが 必要である。と言うのです。

自慰力と、それに伴う 安定した自我を 確立するには、この抱きしめられる経験を 繰り返すことが 不可欠だというのです。

 

カエデさんは、自分を生物、無生物、見境なく欲情対象にできる 「パンセクシュアリティ」 と看做しておられますが、

それは、ウィニコットの言う「アニヒレーションの不安」 言語獲得以前の幼児期に経験するとされる 極限の絶望と、情動の混乱を伴う 根源的不安、

いうなれば 「誰でも、何でも良いから自分をどうにか泣き止めさせて!抱きしめて!」

という必死感を 自分が乗り越えられた という実感、この先 乗り越えて生きていけるのだ、という確信を 得られなかった故 ではないかと思います。

 

自慰力は、自己規制能力にもつながり、欲動(リビドー)の対象物(母なる者)が抱きしめてくれることで 満ち足り、安心した状態(大丈夫って感じられることだと、私的には解釈しています)を取り戻し、保つことによって、鍛えられます(っていうと何だか筋トレみたいですね)。

自慰力が上がってくると、お母さんに抱きしめられなくても、そばにいてくれるだけで 見えるだけで 大丈夫な状態、更には お母さんが一緒にいてくれなくても 見えなくなってしまっても 大丈夫な状態に移行し、ウィニコットの言う「一人でいられる力」が付いてきます。

自我確立の萌芽は この「一人でいられる力」に あるといえましょう。

 

パーソナリティ障害のB群な 人々は この「抱きしめられる」経験が 母親不在のせいか、乳児期の体質・体調のせいか、母子間の相性のせいか、充分に得られなかった 人達だと 精神分析では 捉えます。

 

ウィニコット大好きなので、書きたいことが 芋づる状態で 出てきてしまいました。頑張りすぎて、ヘロヘロです。今日はこの辺で。(嗚呼、疲れた)

 

って、こんな風に、疲れたって 言う人はメンヘラでしたっけ?

 

確かに、かなり頑張ったので ねぎらって貰いたい気分です。が、勝手に好きな事書いて疲れてるんだし、世の中そんなに甘くない。 ので、久々に使った 脳力充填に チョコ食べて寝るぞっ。

続きはこちらです。

neofreudian.hatenablog.com