精神分析のススメ

しがないメンヘル職人です。70年代のNYCを風靡したヒップな精神分析の啓蒙をめざしております。

【性依存症】 カエデさん その2.メンヘラと自慰力の欠如

性依存と メンヘラの関係について 書いてみます。かなり込み入ります。精神分析の理論は とかく非科学的で、支離滅裂かも しれません。が、理解可能な文章を 目指して 頑張ります。

一応、この記事の続きです。

 

neofreudian.hatenablog.com

俗に言うメンヘラとは、境界例の方々のことを指していると思われます。

 

境界例とは、パーソナリティ障害のうちの 一つです。「広範かつ柔軟性のない 持続的な 内的あるいは行動の様式によって (ウィキペディア パーソナリティ障害 参照)」 精神的苦痛を味わっている人達のことを、PD パーソナリティ障害 といいます。

 

一般的な、鬱や、不安の症状自体は、「広範」で「継続的」とは看做されないということです。例えば、病的な鬱などは 大鬱エピソードといって(メジャーな鬱病エピソード)食べられない、寝られない、更には 被害妄想や 幻覚を 伴う状態になることも ありますが、放って置いても 3ヶ月ほどで妄想、幻覚、食欲や、睡眠欲も 落ち着きを取り戻します。

 

「継続的」ではないとはいえ、3ヶ月も そんな状態が続いては、ちょっとどころではなく 困ってしまいますし、自殺の可能性も 継続するので、お薬が効けば大変有難いです。

 

因みに食べ過ぎ、寝すぎを伴うと アティピカル、例外鬱、と言われております。例外とはいっても、数が少ないから 例外ではなく、従来の抗鬱剤が効かない(効き難い)欝病だから、ア ティピカル(典型的ではない)なのだそうです。

 

性格障害には、「風変わりで閉じこもりがちな」 A群と、「感情の混乱が激しく、ストレスに対して脆弱な」 B群、「不安が強く、周りの評価が気になる」 C群があります (ウィキ参照) が、境界例は B群に入ります。

 

前置きが大変長くなってしまいました。が、ここからが 本題です。

 

「感情が激しく、ストレスに対して脆弱な」 B群に属する メンヘラについての記述を 読んで気が付いたのですが、まとめに(私が見た限りでは)含まれていない 重要なファクターが 一つあります。

 

「自慰力の欠如」とでも言いましょうか。

 

自慰といっても、ここではマスターベーションのことではなく (日本語で自慰=マスターベーションになってしまうって、何故なんでしょう?まあ、わかるっちゃ分かるんですけど、謎。) 自分の感情の起伏を治め、落ち着かせる機能、ひいては 行動のことを 指します。

 

自慰力欠如した人ってのは、「簡単には立ち直れない人達」ってことで、B群の性格障害 全てに当てはまります。

 

赤ちゃんでも、極端に分けると、あやすとすぐ泣き止む 簡単なイイ子と、何しても「泣き止まんやんかあぁぁ!!どぉしたらええんじゃぁ!」って叫びたくなってしまう 大変な子が いますよね。

 

自慰力は、生まれ持っての素質だけでなく、成長過程で身に着いてくるもの でもあります。が、あんまり泣き止まない赤ちゃんだと、あやすはずの お母さんまで テンぱってしまって、折角落ち着きかけた 赤ちゃんを又、泣かせてしまうという 悪循環も 起きがちです。

 

孤立や、ストレスで 余裕のない 都会の核家族に生まれた、カンの虫の強い赤ちゃんは、自慰力欠如に 育ってしまうリスクが 高いといえましょう。

 

すぐに泣き止む子が、必ずしも 自慰力の豊富な子である とも言い難いのですが、泣き止めないということは、一度テンぱってしまうと 中々立ち直れない素質がある、と考えて頂けたら よいかもしれません。

 

自慰力に問題のある子供達には、頭を打ち付けたりする子もいます。頭を打つなどの自傷行為は、自分に刺激を与える手段、彼らにとっては、自慰行為であり得るとも 言われますが、それは彼らが、ある種の刺激に 過敏であると同時に、自分の痛みに 鈍感でもあるからです。

 

自慰力に欠ける人が、自己嫌悪に陥ると 回復するのがめっちゃ難しい、故に、自己評価も低くなりがち、というワケです。

 

言い換えれば、メンヘラの自己評価の低さには、周囲の批判的な評価に対して過敏だということ だけでなく、自慰力の欠如も関与している と言えるでしょう。

 

長くなったので、性依存症との関連については 次回に回します。

neofreudian.hatenablog.com