軽薄な精神分析 2. Shake it off 不完全な自分のままで いいじゃん。

前回の、ポップな努力(どこが?って感じの仕上がりですね)

neofreudian.hatenablog.com

が水泡に帰したので、リベンジです。

ありのままの自分でいいじゃん!

という、ポジティブメッセージの楽曲を紹介させて戴きます。ちょっと古いのですが、アメリカの一大ヒットメイカー、テイラー・スイフトのシェイク・イット・オフ。

digitalcast.jp

I stay out too late
Got nothing in my brain
That's what people say, mmm-mmm
That's what people say, mmm-mmm

夜遊びしすぎて
頭の中は空っぽ
みんな そう言ってる ウン、ウン

みんなは そう言うの ウン、ウン


I go on too many dates
But I can't make 'em stay
At least that's what people say, mmm-mmm
That's what people say, mmm-mmm

デートばっかり 沢山しても
どれも 長続きなんか しないって。
少なくとも みんなは そう言ってる ウン、ウン

みんな そう言ってる ウン、ウン

But I keep cruising
Can't stop, won't stop moving
It's like I got this music
In my mind
Saying, "It's gonna be alright."

でも、私は マイペースで 進み続けるの
止められないし、止まるつもりもない
音楽が頭の中に流れているみたいにね
『きっと上手くいくわ』って言ってくれるの

'Cause the players gonna play, play, play, play, play
And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off

だって 遊び人たちは 遊び続けるし
憎む奴らは 何でも憎むから
ベイビー、私は身体をフリフリしてね

全部振り払っちゃうのよ 気になんてしてない

Heart-breakers gonna break, break, break, break, break
And the fakers gonna fake, fake, fake, fake, fake
Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake
I shake it off, I shake it off

心無い奴らは 傷つけることしか しないし
ニセモノは だまし続けるしかない
ベイビー、みんな振り払っちゃうのよ 気になんて してられないわ

I never miss a beat
I'm lightning on my feet
And that's what they don't see, mmm-mmm
that's what they don't see, mmm-mmm

一瞬だってひるまない
足取りも軽くね
みんなは それに気づかないだけ ウン、ウン

みんなは 見ていないだけ ウン、ウン

I'm dancing on my own (dancing on my own)
I make the moves up as I go (moves up as I go)
And that's what they don't know, mmm-mmm
that's what they don't know, mmm-mmm

私は一人きりで踊ってる (一人で踊るの)
その場その場で、振り付けするの (その場その場で)
みんな それを知らないだけ ウン、ウン
みんなは 知らないだけなのよ ウン、ウン
But I keep cruising
Can't stop, won't stop grooving
It's like I got this music
In my mind
Saying, "It's gonna be alright."

でも 私は 一定速度で動き続けるの
止められないし、止まるつもりもない イイ感じで
頭の中に音楽が流れてるみたいなのよ
『きっと大丈夫』って言ってくれるの


Hey, hey, hey
Just think while you've been getting down and out about the liars and the dirty, dirty cheats of the world,
You could've been getting down to this sick beat.

ちょっとちょっと!

考えてもみてよ 世の中の嘘つきや きっったないズルする奴ら、そんな奴等のせいで落ち込んだり、戦ったりしてるくらいなら
この 病みつきな ビート にのっちゃえばよかったのにって、思わない?

My ex-man brought his new girlfriend
She's like "Oh, my god!" but I'm just gonna shake.
And to the fella over there with the hella good hair
Won't you come on over, baby? We can shake, shake, shake

元カレが新しい彼女を連れて来たの
『エーー!』って感じ でもそんなの気にしていられないわ
そこらへんの 超イケてる髪の男の子に
こっち来ない、ベイビー?って声かけて 一緒にフリフリ踊るのよ

気にしないったら 気にしない

 

下の2つのサイトの訳を参考にしました。

caffe.takat33.com

【洋楽歌詞和訳】Shake It Off / Taylor Swift(テイラースウィフト) - 洋楽ハック!歌詞和訳サイト

上のサイトでも書かれているように、この曲はテイラーが有名になって、自分の一挙手一投足に元カレやメディアからの誹謗中傷が浴びせられるようになり、うんざりしていた時期に書かれたそうです。

私はブログを読む時には、それに対する読者の感想を読むのも楽しみなのですが、この上の方の訳に、正確な訳ではない、と、粗探しをして、いちゃもんつけている匿名の書き込みがありました。コメント欄を、読み進めていくと、「そんなの、気にしない」という、シェイクイットオフの内容に沿った展開になっていて、ふふっ。とほくそえんでしまいました。

いちゃもんつけたがる奴等は、いちゃもんつけるしかできないんですよね。

みんなの言う事なんて「シェイクイットオフ、気にしない」って。

「マイペースで進もう。」って。

ブログの世界でも大切なメッセージだと思います。

 

私はこのビデオが、すごく好きなので、もうちょっと言わせて戴きます。

ビデオの始まりは、テイラーがバーでストレッチしてるバレリーナ達の上に首をちょこっと出して、叫ぶシーンです。ここで、もう、ゾクゾクッとしてしまうのは、日本人の感性なのかしら。と、思うのです。

出る釘は打たれる。とは、よく言ったもの。

みんなが同じことしてるのに、彼女の頭だけ、ひょっこり飛び出るだけで、ドキドキしてしまうのです。

テイラーはガンガン歌を自作して、めっちゃ売れています。正に頭角を現した人です。

それでも、自分が他人と比べたら全然素人芸っていう分野はエンターテイナーとしてあるわけです。

特に、ダンス。(マイケル・ジャクソンのせいでしょうね)

あえて、色々なダンスの分野でトップと見なされているパフォーマーと踊り、みんながケタ違いのレベルであることを見せ付けて、(それなりに格好良く仕上がっていますが)自分を笑い者にできる。

ちなみに、このビデオ作成のために、彼女は3ヶ月(?)とかジョギングして基礎体力をつけたそうです。テイクの間、衣装替えの間、ずっと息は上がってるし、汗だく。でも、次々とその道でトップのダンサーに混じって、「その場その場の振り付け」を「ひるむ間もなく 足取り軽く」やってのけたそうです。

全て完璧じゃなくても大丈夫。自分の素のままで、クルーズ(一定速度で進む)している彼女は、こんなに売れてて、才能があっても、格好悪いこと、できないことだってあるんだ。無理して合わせる必要はないよ。そのままで良いんだよ。という不完全さを容認しよう、という自己承認のメッセージを若い子達に伝えているようで、好感を持てます。

 

改めて思うのですが、この曲のメッセージは、ブログや、SNSの世界で自己主張している私達にも、ぴったりです。

ブログは、みんなが何でも言える場所 だからこそ、誰もがいちゃもんつけられる場所でもあります。

ツイッターで、フォローしている方に、常に戦っている方がおられます。その方にしてみれば、「世の中の 嘘つきや、汚ったないズルする奴等を 告発」 しておられる気持ちなのでしょうが、私にしてみれば、「考えても見てよ」と、思うのです。その方は、創造性があるからこそ、フォロワーさんも沢山おられるし、中傷されるということは、皆に注目されているのです。自分の立ち居地をもっとはっきり表現されることに力を尽くし、汚い奴等と同レベルで戦わない。それができたら、きっと素敵なメッセージがもっともっと出るだろうに。と、思ってしまうのです。(最近は、その方の戦闘ツイートも減りましたけどね。あんまり理不尽なこと言われるので、落ち込んでおられたのでしょう。)

 

「自分の中の音楽に のって 

定速で前へ進むの 

周りなんて 気にしちゃ駄目よ 

嫌なことが あったら 

へい、そこの超イケテル子、一緒に踊ろうよ」

って、自分も他人も 楽しくなるような 自己表現出来たら良いなあ。と、思うわけです。

しかし、私の頭の中の音楽って、そんな お尻フリフリ踊れるような楽しい音楽じゃない気が...

古臭くて退屈なクラッシック(好きなんです。って言うほど良く知りませんが)にならないように。

大きな課題ですね。

 

芸能人はとかく、他人と比較され、常に素敵で、最高でいなければならないプレッシャーに晒されます。それにつぶされて、仕事ができなくなる人は、ざらざらいます。テイラーも、そんなプレッシャーを振り払うために、このビデオを作ったのだろうな、と、想像してしまうと、涙ぐんでしまう私はすっかり、老人…

 

本当は、メーガン・トレイナーのバダバダベスも紹介しようと思って、書き始めたら長くなったので、分けました。宜しければ。

neofreudian.hatenablog.com